AUTO CAD互換ソフトの長所

AUTO CADは設計を業務とする業界に広く普及している汎用CADソフトですが、導入にはライセンスのコストがかさみがちです。業務の効率を下げずにコストダウンを図るには、AUTO CADの互換ソフトウェアを導入する方法があります。ここでは、AUTO CADの互換ソフトウェアを導入するにあたってのメリットについて紹介しましょう。

AUTO CADのライセンスを設計者全員に配布するだけでも、なかなかのコストがかかります。まして、設計者以外に設計画面を閲覧するユーザーにもライセンスを配布するとなると、大きな負担となります。そこで、活用するユーザーが増えてきたのが、AUTO CADの互換ソフトウェアです。大幅なコストダウンとなるだけでなく、作業効率アップにもつながる互換ソフトウェアは、世界中で利用が増えています。

AUTO CADには、定期的なバージョンアップがあります。そのため、ユーザー全員にライセンスを配布していても、バージョンアップの度にコスト負担となるわけです。旧バージョンを使い続けていると、今度は他社とのやり取りに支障が出てきます。送付しあったファイルを開けないという問題が生じる可能性があるのです。コストと作業効率の壁をクリアするには、AUTO CADと互換ソフトウェアの併用をおすすめします。

AUTO CADの互換ソフトウェアには、コストダウンが可能な他にもメリットがあります。それは、使いやすさを追求できるという点です。AUTO CADに新機能が追加されても、ユーザーが使いこなせなければ意味がありません。そこで、互換ソフトウェアには、新機能と旧機能の両方を残しているタイプもあります。