使いやすさを追求

AUTO CADの互換ソフトウェアを導入するにあたって重視したいのは、コストだけではありません。使いやすさも、コストと同じくらい追求したい条件です。例えば、AUTO CADの機能は次々に進化していますが、すべての機能が使いやすいとは限りません。人によっては旧バージョンが使いやすかったという意見もあり、多くのユーザーに新バージョンの機能についていけないという意見が出ることもあるのです。

AUTO CADの新バージョンに新しい機能が追加されたとしても、互換ソフトウェアでは新機能と旧機能のどちらも使用できるようになっている場合があります。どんどん先を急ぐAUTO CADに対して、互換ソフトウェアはユーザーのニーズに敏感に、しかも柔軟に反応してくれます。効率よく業務を進めるために必要な、使いやすさの問題を優先的に追求しているのです。

使いやすさという意味では、クラウドやモバイルへの対応も忘れるわけにはいきません。外出先で設計画面を閲覧できるだけでなく、編集できる機能が充実していることも、AUTO CADの互換ソフトウェアを選ぶにあたってのキーポイントとなってくるでしょう。まずは、無料体験にて、AUTO CADの互換ソフトウェアの機能性を実際に使用してみるとよいでしょう。